本文へスキップ

CT撮影無料のクリア歯科 大阪院 併設

電話でのお問い合わせは06-6359-2480

〒530-0013 大阪市北区茶屋町13-6-5F

インプラントの料金

インプラントの料金について

 インプラントの素晴らしさはもはや万人が認めるところです。しかしながら気になるのはその治療費。世間では1本25〜35万円が相場です。
 当インプラントセンターでは、東京、名古屋、大阪、京都、滋賀、神戸と全国にある9院と材料の共同一括仕入れをすることで、1本あたりの利益を限界まで抑えることができ、総額1本180,000円〜という低価格を実現しました。
 しかし体内に入るものが安かろう悪かろうでは大問題です。
 当インプラントセンターでは、有名メーカー製インプラントを導入し、手術は熟練した日本インプラント学会所属医師が行っていますので安心、安全です。
 クオリティの高さを是非ご自分の目でお確かめ下さい。
 まずは、お電話またはメールにて、無料カウンセリングをお気軽にお受けください。

  • 安心の5年保証
  • 確かな商品(大手純国産メーカー/世界No.1シェア)
  • 確かな技術(日本インプラント学会員 埋入本数21,000本以上)

カウンセリング料について

 カウンセリング料だけでなく、通常1万円以上する歯科用CTスキャンによる精密検査まで無料にて行います。
 原則カウンセリングの当日にご契約は行いませんので、他の歯科医院をご検討中の方でも、まずはお気軽に相談にお越しください。


すべてコミの3プライス

※ 掲載料金は税抜価格です。

プラン コミ18 コミ24 コミ29
インプラント 国内大手
ブレーンベース社
マイティスアロー

詳細はこちら
世界トップシェア
ノーベルバイオケア社
テーパード CC PMC

詳細はこちら
世界トップシェア・世界最先端インプラント
ストローマン社
ロキソリッド/SLActive

詳細はこちら
クラウン(かぶせ物) フルジルコニア フルジルコニア フルジルコニア
ジルコニアクラウン 大阪 上部構造物(被せ物)は、人工歯素材で今最も注目されているフルジルコニアを使用しています。

通常はかなり高価なジルコニアですが、東京技工部・神戸技工部にジルコニア技工設備CAD/CAMを(計2セット)導入した事でコミコミにする事が可能になりました。

CAM/CAMは高額な技工設備になり、日本で2台も導入しているクリニックは有心会のみとも言われています。

ジルコニアセラミッククラウンの詳細はこちら
接続部 金属(チタン) 金属(チタン) 金属(チタン)
保証期間 5年 5年 5年
タイプ説明  インプラントは純国内産で、唯一FDAを取得している信頼性のあるメーカーです。どの個所にも埋入可能ですが、骨量により、稀に使用できない場合があります。
 クラウンは白くて審美性が良く、強度の高いフルジルコニアを使用。
 インプラントは、世界的老舗メーカーでインプラントに40年以上の実績があり、骨量的に厳しいケースでも定着率が高いのが特徴です。
 クラウンは白くて審美性が良く、強度の高いフルジルコニアを使用。
 インプラントは、学術面での功績も高く、他メーカーの牽引役となっているストローマン社の最高級・最先端インプラントを使用。(2016年1月日本発売)
 治癒期間が早く、骨との親和性が非常に高い。
 クラウンは白くて審美性が良く、強度の高いフルジルコニアを使用。
他に含まれる内容  リスクを大幅に減らす、CT診断(術前・術中・術後)
 人工の歯を作る骨造成法の一種であるGBR( 術中に行える軽度のもの)
 より確実な治療を行うための外科用ステント
 局部麻酔
 長期的に人工歯を使用するためのプロビジョナルレストレーション(被せ物の試作)
 その他、薬代、手術費用、インプラント治療に必要なもの
詳細はこちら
仮歯 本歯制度を高めるための仮歯
プロビジョナル
本歯制度を高めるための仮歯
プロビジョナル
本歯制度を高めるための仮歯
プロビジョナル
1本の料金 18万円 24万円 29万円
※ 総費用の内訳は、検査、CT撮影、手術、かぶせ物(冠)、薬など消費税以外全てを含んだコミコミの3プライス設定となっております。
 一見お安く感じる「インプラント1本10万円!!」などの宣伝広告の多くは、かぶせ物が別料金で、インプラントの本体のみの料金だったり、その他のオプションを足していくと何万円も追加費用がかかったり・・・と、患者様から見て実際の費用が分かり辛く、インプラントに対して不安材料のひとつになっている場合があります。
 その様な問題を解決すべく、当院では、分かりやすいコミコミ価格にしております。

インプラント無料オプション

オプション名 総費用 詳細
CT用ステント 3,000円
無料
詳細はこちら
CT撮影  1枚目
CT撮影  2枚目以降
15,000円
無料
7,500円
無料
詳細はこちら
スプリットクレスト( 骨の幅が足りない際の治療法) 35,000円
無料
詳細はこちら
GBR( 人工の骨を作る骨造成法の一種。術中に行える軽度のものに限る) 20,000円
無料
詳細はこちら
仮歯( 簡易式) 無料 詳細はこちら
プロビジョナルレストレーション 無料 詳細はこちら
外科用ステント(インプラントの埋入位置や方向をガイドする物)
無料

インプラント有料オプション

オプション名 総費用 詳細
笑気麻酔(緊張しやすい方) 10,000円 詳細はこちら
静脈内鎮静法 当院ドクター 20,000円 詳細はこちら
麻酔科医による 50,000円
ソケットリフト
(強度の問題からコミ18では非推奨)
1本分 20,000円 詳細はこちら
GBR( 中度のもの) 1本分 35,000円 詳細はこちら
GBR( 重度のもの) 1本分 100,000円
2本分以上 150,000円
ブロック骨移植
(人工の骨を作る骨造成法の一種)
1か所1本分 100,000円 詳細はこちら
1か所2本分以上 150,000円
サイナスリフト
強度の問題からノーベル
ストローマン2本以上の場合に限る)
1本分 100,000円 詳細はこちら
2本分以上 150,000円
APF(歯肉弁根尖側移植術) 30,000円
FGG(遊離歯肉移植術) 50,000円
CTG(結合組織移植術) 50,000円
口腔前庭拡張術 15,000円
小帯切除術 10,000円
シムプラント(診断料+ステント代込み) 1本 15,000円
仮歯(簡易式) 2,000円
ボーンアンカードブリッジ 総 費 用
ノーベルバイオケア社インプラント(CC PMC) 240,000円×本数
チタンフレーム [1〜4歯用] 150,000円
チタンフレーム [5〜8歯用] 200,000円
チタンフレーム [9〜12歯用] 250,000円
チタンフレーム [13〜14歯用] 300,000円
フルジルコニア ダミー(陶歯) 54,000円×本数
「アロー10本インプラント」 総 費 用 詳   細
「10本インプラント」 2,016,000円 詳細はこちら
・ インプラント10本埋入/14本のブリッジの場合
・ 【内訳】 180,000円×10本=1,800,000円
       フルジルコニアダミー 54,000円×4本=216,000円
その他の治療
審美歯科・ホワイトニング・審美矯正・歯列矯正・歯茎のエステ・クリーニングなどの料金は、専用サイトからご確認下さい。

お支払い方法

【1】 クレジットカード支払いについて
 自費治療に限り、各種クレジットカードでのお支払いが可能です。利用可能なクレジットカードは
クレジットカード
 リボ払いをご希望の方は、ご利用されるカード会社にお問合せ下さい。
 ※リボ払いとは、ご利用金額やご利用件数にかかわらず、毎月一定額(元金+手数料)をお支払いいただく支払方式です。

【2】 ローンでのご返済について
 自費治療に限り、ローンでのお支払いが可能です。
 分割払い・ボーナス払いといった多様なお支払方法の設定が可能です。

【3】 銀行振込みでのお支払いについて
 治療費を銀行振り込みでお支払いしたいと希望があった時のみ、自費治療に限り受け付けております。
 ご希望の場合は、受付までお申し出下さい。

医療費控除について

 自分自身や家族のために、1年間に医療機関に支払った医療費の合計金額が10万円を超える場合に、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。(年収によっては10万円以下でも可能)
 医療費控除は、所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。

医療費の合計額※1保険金などで補てんされる金額)−10万円※2  医療費控除額

 ※1 その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費。
 ※2 所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、所得金額の5%を差し引きます。

  • 10万円を超えた医療費全額が戻るわけではありません。最終的な還付金は、税務署で計算してもらわないといくらかはわかりません。
  • 病院までの交通費も控除の対象となるので、日時・病院名・交通費・理由をメモしておくことや、医療費の領収書等を確定申告書に添付するので、領収書等は大切に保管しておくことも必要です。
    ただし、車で通った場合の駐車場代やガソリン代は控除の対象となりません。
  • 控除できる金額は200万円までとなっています。
  • 所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。
  • 医療費控除は、本人の医療費だけでなく、家計が同じなら配偶者や親族の医療費も対象となります。また、共働きの夫婦の場合で、妻が扶養家族からはずれていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できますから、収入の多い方で医療費控除の確定申告を行えば、それだけ戻ってくる金額が多くなります。

控除を受けるための手続は、国税庁のホームページよりご確認下さい。


インプラントの保証制度について

 インプラントの保証制度 →